シロッコファンは羽根のない換気扇だけど

シロッコファンは簡単に言えば羽根のない換気扇となります。この換気扇は台所のコンロの上などに設置されます。この換気扇は大きく2つに分けて先ほどのシロッコ式とプロペラ式とがあります。プロペラと呼ばれてるのが羽根のついた換気扇で、もう1つのシロッコ式が羽根のない換気扇となります。2つの特徴はシロッコ式は吸引力が優れていて、設置場所にも制限がないが、構造が複雑で値段も高くなる点となります。シロッコ式の空気の吸引には別途ダクトを設置しないと成り立ちません。もう1つのプロペラ式は値段が安くて構造が簡単だけど、設置場所に制限がある点です。プロペラ式の設置場所に最適な場所は外壁に直接面していて、しかも強風が常時吹かないような場所となります。具体的には戸建て住宅の1階が最適であるといえます。コンロが部屋の中央にあるような場所やコンクリートの集合住宅で上階にあるような場所ではシロッコ式の設置となります。

シロッコファンは定期的に掃除する

シロッコファンは中央の細い羽が回転することで空気を入れ替えます。昔から馴染み深い音が出るファンはプロペラファンといって、中央にネジがあります。シロッコファンは作動している時の音が静かで、部屋の外の状態に関係なくたくさんの空気を排出します。しかし羽と羽との間隔が狭いので、汚れが詰まって換気の効率が悪くなることがあります。定期的に取り外して掃除をしなければなりません。プロペラファンのように時計回りにネジを回せば外れるといった簡単な方法ではありません。ネジ止めならばプロペラファンと同じように扱えますが、ワンタッチ式の場合もあるため取り扱い方法をよく確認して外します。強力な洗剤や重曹では塗装が剥がれてしまうので、使わなくなった歯ブラシで溜まった汚れを落とします。歯ブラシで落ちない汚れは台所用洗剤と熱湯で洗い流します。

シロッコファンは窓のない所の換気が

シロッコファンは主に、飲食店のキッチンで活用されてる所が多いですね。中央に料理を作る所があると、煙が上に上がって行くので、外に逃がすためにシロッコファンが必要です。ファンが回ることで、ダクトを通って、外に出て行きます。飲食店では、内装の関係上、壁つけのキッチンでなく、中がわに作られることが多いので、毎日のシロッコファンを覆ってるフードの掃除は欠かせないです。一般の家庭でも、このファンが使われてる所も多くございます。ファンの掃除を怠ると、羽根に油がこびりつくので、定期的に掃除しておくことで、年末の大掃除も楽になります。料理店ですと、一日中料理を作られてるので、それだけフードも汚れがつくことを知っておくべきです。設置してるファンが故障すると、大変なことになるので、メンテナンスをしてもらうことが大切です。